センサーデータ収集に特化したMODE Time-series Database (TSDB)

 

tsdb

 

インタラクティブなグラフ表示に最適

収集したデータをウェブまたはモバイルUIで表示する際、データのクエリに時間がかかってしまうとユーザー・エクスペリエンスが急速に悪化し、「使いにくいシステム」になってしまいます。MODE Time-series databaseでは長期間のデータクエリでも瞬時にデータを返すことができ、通常のDBでは難しいスムーズなユーザーエクスペリエンスを実現します。

 

通常のDBが苦手な時系列操作に特化したアーキテクチャ

センサーデータなどIoTで扱うデータは時系列データです。通常のリレーショナル・データベースなどにこの時系列データを入れるのは良いシステム設計ではありません。MODEでは時系列データハンドリングに特化した多階層の時系列データ構造をデータベース内部に持たせることで、長期間のクエリに対しても瞬時に応答ができるようになっています。

 

データ設計不要

未経験の領域でのデータベース設計はリスクが大きいですが、MODEではセンサー等の時系列データベースを整理するためのデータスキーマのテンプレートを業界ごとに持っています。過去のプロジェクトでの経験を活かし、IoTデータのベストプラクティスも時系列の利用時に提供します。

 

多次元時系列データ対応

MODE Time-series databaseは多次元データに対応しているので、時系列のGPS位置情報や、XYZ軸の値を持つ加速度センサーのデータなどを扱うことができ、走行履歴、人間やロボットの移動情報などの把握に利用することができます。

 

安定した稼働実績

MODE Times-series databaseはクラスタ構成の分散データベースとして実現されているため、一部のサーバーが問題を起こしてもデータベースとして影響を受けることなく稼働しつづけることができます。弊社運用チームが24時間365日監視・運用を行っているため、お客様はデータベースの運用の手間をかけずに時系列データベースを利用することができます。

 

本格的なデータ収集システム構築に最適

MODEゲートウェイは、本格的なデータ収集システムを構築するためのMODEコンポーネントの一つです。他の様々なコンポーネントと連携して企業のデジタルトランスフォーメーションを短期間に確実に実現します。

MODEプロダクトとは >>