IoT車両データ収集向けクラウドソリューション

MODE Mobility Cloud

ドライバーや車両のデータをリアルタイムに収集

さまざまなデバイスやセンサーからデータを収集。リアルタイムでのデータ取得とクラウドへの保存を同時に行います。収集したデータをAIに活用したりWebアプリケーションにてリアルタイムでの監視が可能です。

MODE Mobility Cloudの特徴

MODE_WebsiteMaterial_Icon_01-73

最適経路を導き出す

位置情報・走行データを収集して、経路の最適化を図り、効率化を実現する。
MODE_WebsiteMaterial_Icon_01-74

運送業における品質保証

保冷車の温度管理機能を低コストで実装し、配送中の事故をリアルタイムで監視する。
MODE_WebsiteMaterial_Icon_01-75

居眠り運転を抑制し安全運転

生体センサーから眠気・疲労をウォッチ。危険運転 (急加速、急ブレーキ、急ハンドル) 検出時に前後の動画を自動記録。
MODE_ICON_Green-32

配達車両の積荷の計測

環境センサーからデータ (車内の温度、湿度、CO2、気圧など)を収集、配送オペレーションをより安全に確実に。

MODE Mobility Cloudの基盤構造

さまざまなデバイスやセンサーからデータを収集。リアルタイムでのデータ取得とクラウドへの保存を同時に行います。収集したデータをAIに活用したりWebアプリケーションにてリアルタイムでの監視が可能です。

201910MODE_arch_outline-01

MODE Mobility Cloudの機能
1. 簡単スタート

車の改造は不要、シガーソケットプラグにさして電源を入れればデータ収集が開始されます。

Screenshot from 2020-08-09 13-47-46-1

2. ビデオカメラによる自動動画保存

危険運転 (急加速、急ブレーキ、急ハンドル) 検出時に、その前後約10秒間の動画を自動的にクラウドへ記録します。動画はWebアプリケーションから参照やダウンロードが可能。

Screenshot from 2020-08-09 13-48-35-1

3. 確実にクラウドに届けるデータ到達保証

移動中の圏外など通信が不安定な環境でもデータを確実に収集。データ取得を保証します。

MODE_ProductPage_StreamDataStore