あらゆるセンサーをつなぐゲートウェイソフトウェア

既存ビジネスオペレーションのデジタルトランスフォーメーションにはすでに利用されている機器や後付センサーの導入によりスムーズに実現できます。

gateway-2

 

 

100台以上のセンサーを接続できる非同期データ収集アーキテクチャー

PoCで1つのセンサーから数時間データを収集することは簡単ですが、実際にはセンサーが1台ということはまずありません。MODEゲートウェイソフトウェアは、堅牢な非同期データ収集アーキテクチャにより100台を超えるセンサーからの同時データ収集を可能としています。。非同期プログラミングは開発が難しいですが、スケーラビリティに優れたソフトウェアを実現できます。

 

長期安定性

1ヶ月、あるいは1年間を超える期間、データを収集しつづけるのが本格運用後のデータ収集システムです。WiFi、Bluetoothを含め、無線を利用する環境ではほぼ必ずといっていいほど通信エラーが発生します。単純なプログラムでは1ヶ月以上の連続データ収集を行うことは容易ではありません。人間が介在し、リスタートなどを行わなければならないようなシステムでは、遠隔地からのデータ収集はまず業務的には不可能です。MODEゲートウェイは入念なエラーハンドリングとエラーリカバリーの仕組みで数カ月間を超える無人連続運用を可能としています。

 

100% データ到達保証

実運用で問題になるのがデータの欠損です。長期運用ではWiFiや4G/5Gネットワークの一時的な不安定な電波環境が必ず発生します。この間のデータが送信エラーになってしまった場合、再送機能の実装をしっかり行わないと、この間のデータを失ってしまいます。さらに単純な送信のリトライだけでは数秒後にやってくる次のデータの送信をどのようにハンドルするのか、などといった問題が発生します。MODEゲートウェイではクラウド側のシステムと連携をしてデータの到達保証を実現しています。送信が不可能な場合はローカル記憶にデータを一時的に退避しておき、通信回復を待ってout-of-order送信を行い、クラウドシステム側で適切な場所にデータを差し込むことでデータの到達保証を実現しています。

 

ARM, x86, MIPSアーキテクチャを含むあらゆるLinux, Android環境を動作可能

MODEゲートウェイは高いポータビリティを持っているため、ハードウェアリソースの成約されたものも含めあらゆるLinux環境で動作することができます。また、Android版ゲートウェイソフトウェアによって業務端末として使われているスマートフォンやタブレットを使ったデータ収集システムの構築も容易です。

 

あらゆるセンサー・機器が接続できるプラグイン機構

多くのIoTソリューションは垂直統合型で、ソリューションを提供する企業のデバイスしか使えないものがほとんどです。拡張性のないソリューションではビジネスのデジタルトランスフォーメーションは不可能です。MODEゲートウェイソフトウェアにはセンサーサービスプラグイン機構が備えられており、各社から発売されているあらゆるセンサーをサポートできます。標準でサポートされているセンサーは30種類以上、MODbus, CANbus, Zigbee等、各種業界標準プロトコルにも対応しています。

 

新規センサー・機器を迅速にサポートするLocal API

特殊なセンサーや自社独自の機器なども迅速にサポートします。弊社の経験豊富なエンジニアがセンサー対応を行うだけでなく、お客様自身でゲートウェイの「ローカルAPI」を利用することで、任意の言語を使ってセンサーからのデータ収集プログラムを追加統合することができます。

 

OTAアップデート対応で継続的にシステム改良

実世界データ収集システムは一度開発して終りではありません。アジャイル的に実際に収集したデータを分析し、他に必要なデータを収集したりしながらビジネスゴールを達成するためのものです。運用開始後のセンサー追加、機能改良やバグフィックスなどを実現するため、MODEゲートウェイにはOTAアップデートクライアントが搭載されており、MODE OTAアップデート機能を利用して、遠隔地に設置されたゲートウェイに新しいファームウェアを配信・システム更新することが可能です。

 

本格的なデータ収集システム構築に最適

MODEゲートウェイは、本格的なデータ収集システムを構築するためのMODEコンポーネントの一つです。他の様々なコンポーネントと連携して企業のデジタルトランスフォーメーションを短期間に確実に実現します。

MODEプロダクトとは >>