ラボの生産性を向上し、さらに前進させる

長い研究開発・テスト・承認を経る製薬研究のさらなる生産性の向上を模索しているナンシーにとって、IoTは新しく最高のツールであることが証明されました。

睡眠時間の減少

ナンシーはラボディレクターとして、新しく革新的な薬剤を開発するために複数の実験を常に行っています。 彼女の実験は研究室で24時間365日行われ、多くの人が数ヶ月間研究に携わりますことでチームに大きな負担がかかります。 また、科学者たちは基本的に自分の実験を監視し続けなければなりません。

industry 1

IoTに接続されたラボ

新しくなったIoTラボでは計測器に、MODEプラットフォームに接続するセンサとコントローラが装備されており、リアルタイムの監視データが常に収集されます。 センサが機器の問題を検出すると、電子メールによるアラートが送信され、可能な限り最短時間で機器を遠隔調整することができます。 また、リアルタイムで在庫を監視することで購買を通知し、発注を効率的に行うことができます。

industry 2

夜間業務の軽減

ナンシーは、IoT計測器を活用することでラボの効率を飛躍的に向上させました。もう実験を一晩中定期的にチェックする必要もありません。遠隔からシステムを監視し、SMSを介して警告することも可能です。

industry 3

お問い合わせ

MODEのサービスに興味を持たれた方、詳細をお聞きになりたい方
MODEへのお客様の詳細や相談はこちら

* 必須項目